ワキガ対策で高校生でもできるお金がかからない方法

ワキガ対策は高校生にとっても毎日大切なこと。でもバイト代をすべてつぎ込んでワキガ対策をするのはちょっと辛いですよね。そこでご紹介したいのが高校生にオススメなお金がかからないワキガ対策方法。ワキガはしっかり対処しないと異性の目も気になりますし、なによりも自分に自信が持てなくなる原因です。

では高校生はどんな方法でワキガ対策を行っているのか、ちょっと気になる事情をチェックしながらオススメの改善策をご説明したいと思います。

ワキガ対策で高校生に良い方法とは

  • 高校生のワキガが強い理由
  • スプレータイプが人気
  • お金がかからない方法
  • ワキガクリームを安く買う

以上4つのポイントを見ていきましょう。

高校生はワキガ臭が強いのはなぜ?

高校生は大人以上にワキガ臭が強いといわれていますが、その理由は思春期は体の代謝が活発なため、体内の老廃物が汗と一緒にでやすいことがまず理由のひとつ。そして汗腺の働きも活発なので発汗量が多くさらにホルモン分泌も多い点が特徴です。

運動部に入っている高校生は部活の後に強烈な汗臭いニオイとワキガ臭で一緒になり、男子からも敬遠されてしまうことも。入浴したばかりにすぐにワキガ臭が漂ってくるようなニオイの特徴がありますよね。

さらに高校生は夜更かしして睡眠不足になったり、食生活が不規則で汗成分にアンモニアやたんぱくが多く含まれやすくなっています。体の活動量が大人と比べると多い高校生は皮脂や汗、汚れなどで肌が汚れやすくなっています。こんなニオイのでやすい環境があるため、高校生はワキガ臭が強くなってしまうのです。

ワキガ対策で高校生に人気があるのはスプレータイプ

ではちまたの高校生が行っているワキガ対策ですが、最も多いのがドラッグストアで売っているスプレータイプ。スプレーするだけなので授業中でも帰る途中でもいつでも使えますよね。スプレータイプは値段が安いので、高校生のおこずかい範囲で買えますし香料入りで色々な種類を選べる点も魅力。

ロールオンやスティックも同様に高校生に人気があるワキガ対策グッズ。でもこれらの市販のデオドラントに満足している人は意外と少ないようです。人気があるスプレータイプは広い範囲に使えるので汗かきの人にもメリットですが、代謝の活発な10代の体にはしっかり消臭成分が吸収されないとワキガ改善には意味がありませんよ。

お金をかけずにできるワキガ対策とは?

高校生が簡単にできるワキガ対策でしかもコスパがいいのはミョウバン水。スーパーの食品売り場で扱っているミョウバンは100円前後で買えるものでたっぷり使えるお得感が魅力です。

ミョウバン水の作り方はペットボトルに水道水150ccとミョウバン5gをよく混ぜて一晩ミョウバン水を寝かしておきます。この液体は原液として使いますので、別のスプレーを用意して原液を水で10倍に薄めてミョウバンスプレーが完成です。

お風呂に入った後や出かける前にミョウバン水をワキにスプレーするだけ。この方法だけで効果が出ない時はデオドラント石鹸を使うとよいでしょう。

ミョウバン水は肌にも安全ですし、低コストで自分で使う分だけ作れるためお金をかけたくない高校生にオススメのワキガ対策です。

ワキガクリームを安く購入しよう

ワキガ対策で高校生がお金をかけずにできる方法は、ほかにも生活習慣の改善や食生活を見直す方法もあります。とくに食べ物は汗の成分をコントロールする大切な働きがありますので、脂っぽいものやスナック菓子などはできるだけ控えましょう。

バターやチーズなどの動物性たんぱく質はアポクリン腺の汗の成分がさらに濃くなり、菌が繁殖しやすいバランスになっています。10代のなかには偏食する人や急なダイエットをする人もいると思いますが、1日3食を守り肉類よりも野菜類を多くして汗の成分から改善していきましょう。

そして毎日のニオイのエチケットにはワキガクリームが一番オススメです。値段が高くて買えない人もいると思いますが、スプレー制汗剤をひと月に数本買うような金額でワキガクリームは購入できますよ。通販なら定期購入契約をすれば、割引価格で毎月購入できるので、バイト代やお小遣いからでも十分に間に合うでしょう。

ただし通販で購入する場合、未成年だと親の承諾が必要になりますので必ず相談して、お母さんに代わりに購入してもらうのも方法のひとつ。効果が少ない安い制汗剤を使うデメリットは、無駄使いになるだけでなく肌にも負担がかかっています。デオドラント剤だけでなく、考えられるワキガ原因をひとつひとつ改善しながら快適な高校生生活を送ってくださいね。

ワキガクリームは1日1~2回の使用でOK。友達にバレずにワキガ対策できることもオススメ理由です。

コメントは受け付けていません。